2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

自家焙煎珈琲 山ゆり 下落合 - 山ゆりブレンドと下落合ブレンド

女子率:--% 
男子障壁度:なし

 自家焙煎をやっているお店で、珈琲豆を買って帰ろうと思って、下落合駅の近くにある自家焙煎珈琲 山ゆりに行きました。老舗の喫茶店で、入口の横に珈琲の焙煎機があります。

 お店に入ると、先客のおじさんが一人いました。テーブル席には団体用と書かれた札がたっていたので、札のない二人席のテーブルに座ります。先客のおじさんは、ひとりで4人掛けのテーブルに座っていたけど。

 座った後に気が付いたのは、この店は、入って右側が喫煙席で、左側が禁煙席でした。そして、エアコンが直撃します。お客さんはそんなにこないので大丈夫ですが、この分煙だと、やはり煙が気になりますね。

 店員さんがお水を持ってきてくれました。とても美人です。マスターのお孫さんかな。ランチではないので、「チョコレートケーキセット(720円)」にします。セットのコーヒーは「山ゆりブレンド」でした。

 それと、珈琲豆を買いたいと言ったら、メニューを持ってきてくれたので、そのなかから、下落合ブレンド200g(940円)を買いました。ストレート豆もあるけど、初めてなのでブレンドにします。袋には、コーヒーについての話がいっぱい書いた紙が入っていました。焙煎は200gから応じてくれますが、山ゆりブレンドと下落合ブレンドは、ある程度事前に焙煎しているようです。

珈琲山ゆり - 山ゆりブレンドとチョコレートケーキ


 チョコレートケーキは、ナイロンのラップがかかっていて、コンビニに卸しているようなチョコレートケーキですが、生クリームを添えているのが、昔ながらの喫茶店を演出しています。

 そして、山ゆりブレンドは、苦みを抑えた万人受けするタイプですね。下落合ブレンドのほうが、もう少しコクがあります。

 ランチを3時までやっているので、後から来たおじさんはランチを頼んでいました。メニューは、パスタ、カレー、ハンバーグと喫茶店の定番メニューでした。あとは、サンドイッチを頼んだお婆さん、余ったので持ち帰り用の袋にいれてもらっていました。とっても、街の喫茶店ですね。下落合辺りだと、チェーンのコーヒーショップもないので、貴重な喫茶店です。

 下落合ブレンドを、200gを買って帰ったので、8月の男子カフェの「おうちカフェ」は下落合ブレンドです。