2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

COFFEE SUPREME TOKYO 奥渋 - ニュージーランドのコーヒーロースターカンパニー

女子率:--% 
男子障壁度:なし

 CAMEL BACKの隣に新しいコーヒースタンドができていました。こちらは、店内にカウンター席が少しあるので、こちらでコーヒーを飲むことにします。

 レジで店員さんと話すと、ニュージーランドのコーヒーロースターカンパニューの日本一号店のようです。ドリンクは、ロングブラックにして、フードを尋ねると後ろの壁にメニューがあるので、スパイシーピーナッツバタートーストにしました。合せて、885円なので、モーニングとしては高めです。

 注文した後は、右手奥のカウンター席に座ります。先客は、外国人のカップルでした。ニュージーランドの人でしょうか、大使館は近くにあるみたいだけど。

 ただ、この椅子がとても冷たいです。冬だからしかたないけど、スチールじゃなくて木にしていれば違うのに・・・。エアコンが天井から温かい空気を運んでくるけど、ドアは全面開放なので、冬の朝は、椅子の冷たさがちょっと辛いです。

COFFEE SUPREME TOKYO - ロングブラックとスパイシーピーナッツバタートースト


 なんだか、白いトレイのおかげで囚人の食事のような雰囲気です(笑)。ロングブラックは、酸味が強いけど、コクもあっておいしいですね。少しミルクを足したくなりましたが、頼んだは、ブラックだからないですね。初めてなので、まずはブラックにしたけど、これは、カフェラテという選択肢はありですね。

 それから、スパイシーピーナッツバタートーストですが、トーストはとてもおいしいけど、スパイシーさがどうも頭が理解できない感じです。ヒーハーといいながら食べました。不味いわけじゃないけど、なぜスパイシーにしたのか、ちょっと考えてしまいます。初めての味なので、なんだか脳が慣れるのに時間がかかった感じです。

 隣はCAMEL Backで、近くにはFuglenやLittleNup Coffeeがあるので、奥渋はなにげにサードウェーブのお店が集中してきたのでしょうか。

 同じビルの3階にニュージープラットフォームというレストランができているので、今度はランチでコーヒーを飲んでみたいです。


スポンサーサイト

nR Table 表参道 - 一見さんには、ちょっと入りにくいかも。

女子率:80% 
男子障壁度:☆☆☆

 メニューの看板を見てお店に行こうと思ったけど、一瞬入るのをためらいそうなになります。お店は3階なので、エレベーターで行きますが、アパレルショップの奥に入るのかと思ったら、すぐ右にエレベーターがありました。アパレルショップも、一階はメンズで二階がレディースなので、気が付けば入りにくいことはないのだけど、入口にレディースの服が飾ってあるので、最初は戸惑いました。

 エレベーターを降りて、3階で店員さんに案内してもらいます。3階と4階に席がありますが、おひとりさまなので3階のカウンター席です。やっぱりおひとりさまはカウンター席なのかと思いますが、このカウンター席がおひとりさまで埋まるのだから、人気のお店のようです。しかも、女子おひとりさまが多いので、男子カフェの右も左も女子おひとりさまになりました。

 平日だったので、ウィークランチから石見ポークを使ったグリーンカレーを頼みます。サラダは+100円で大盛りにしたので、合計で1,100円です。

nRTable - サラダ(大盛り)


 最初にサラダとパンです。サラダは大盛りで、ドレッシングは少し酸味が強いかな。サラダは、しゃきしゃきした野菜がおいしいです。パンはブリオッシュで、バターがたっぷりなのか、少し甘めです。

nRTable - グリーンカレー


 グリーンカレーは、グリーンじゃないという当たり前のことに気が付きながら、そういえば辛いんだったとまた思い出します。まあ、今日はパスタという気分ではなかったので、イタリアンのカレーでもいいかと。

 薄切りのポークが三枚、乗っていて、このポークがおいしいです。ご飯は、雑穀が入っているので硬めだから、しっかり噛んで食べましょう。

nRTable - コーヒー


 コーヒーは、ちょっとカレーが辛かったので、砂糖にミルクをたっぷり入れて飲みました。

 平日ランチなら、平均的な値段なのでいいですね。食後もコーヒーを飲みながら、ゆっくりできます。最も、ゆっくりしている時間もないという現実を思い出して、お店を出ました。


Shiny Owl 表参道 - サラダがおいしいビストロのようなカフェ

女子率:50% 
男子障壁度:なし

 お正月に食べ過ぎたので、すこしはサラダを食べようと思いながら、お店を探していると新春メニューに「白子のリゾット」と書かれたお店がありました。サラダとは関係ないけど、なんだか気になって、「シャイニー アウル」に入ってみることにします。

 先客は、通りに面した席に二組だけで、お好きなところへどうぞ状態だったので、お店全体が見える奥の二人席にしました。

 通常のランチではなく、新春メニューから気になっていた「白子のリゾット(1、500円)」にします。ドリンク付きなので、ホットコーヒーを食後にもらいました。

シャイニー アウル - サラダ


 サラダはしっかりとしたサイズで、色鮮やかです。ドレッシングをかけるかどうかと思ったけど、ここはディップだろうとフォークにハツカダイコンを指してスタートします。シャキシャキの食感と濃い目のドレッシングでおいしいサラダです。

シャイニー アウル - 白子のリゾット


 リゾットは表面がファイヤーされていました。なかなか演出も凝っています。赤と緑の色添えも良く、カフェというよりビストロに近いお店です。まあ、カフェの定義なんてあってないようなものだから。

 揚げたてのホクホクの白子のフリットは、塩が振りかけてあり、白子のトロリとした食感と衣のサクサク感がとてもいいですね。リゾットの中にも白子が使われていて、濃厚なだけでなく、魚介の味も感じます。チーズと魚介って合わないイメージがあったけど、これはおいしくできていました。彩も良くて、新春らしいメニューでした。

シャイニー アウル - ホットコーヒー


 食後のコーヒーもスッキリと飲みやすいもので、最近よくあるマシンで泡立ったコーヒーとは違います。

 ただ値段か比較的高めのためか、閑散としていて、左利きのかわいい店員さんは、ちょっと暇そうです。向かいの胡麻専門店の方にお客さんは流れがちかなぁ。でもカフェでも、きちんとコートを預かってくれるので、料理の質から考えると、ビストロの方が近いかも。

 この客入りの少なさは、大丈夫かと思うけど、きっと週末は混むのでしょう。そんなことを男子カフェが気にしてもしかたないけど、おいしいランチでした。おひとりさまでも、使いやすいお店です。