2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

天喜代 東京駅グランルーフ店 東京駅 - そびえ立つには補助が必要です。

女子率:40% 
男子障壁度: なし

 東京駅で夕食なのですが、旭鮨系列の天ぷら屋さん「天喜代」で食べることにします。お店の一押しになっていた「大江戸天丼」に魅かれのですが、実は、穴子を食べたくなったのでした。そろそろ江戸前の穴子がよくなってくる頃です(江戸前じゃないけどw)。

 おひとりさまだからカウンターかと思ったら、奥の二人席でした。場所柄、新幹線待ちの人も多いのか、大きなキャリーバックを持った人やおひとりさまが多めです。でも、あまり混んでいません。

 席に座って、予定通り大江戸天丼(1800円)を頼みます。それと、ぐるなびクーポンで生ビールのエビス(小)をもらいました。

天喜代 - 大江戸天丼


 天丼の蓋で補強されているけど、なかなか見た目はいいです。使われている具材は、穴子、エビ、さより、蓮根、ふきのとう、桜海老かき揚げです。コストの関係か、キスではなくサヨリでした。決して、腹黒いわけではありません。

 穴子は22センチで、単品だと30センチだから、少し小ぶりなタイプです。天丼なので、カリッというより、タレのせいか、少ししんなりとした歯ごたえでした。もう少しカリッとした食感を期待したけど、ふにゃふにゃに近いので、蓋で添え木をしないと高く聳え立つような形にはならないですね。 途中で器を外して、海老やさよりのしっぽを置きました。

 最初に、天ぷらをつまみにビールをいただきます。何しろ大きいので、穴子をご飯からひきはがすように食べます。素材自体は問題なくおいしいと思うけど、このふにゃふにゃ感が残念ですね。天丼の味自体は、醤油が濃いめで甘すぎることなくおいしいけど、少し期待とは違いました。カラッとした天ぷら御膳を選ぶべきだったのかもしれません。

 味噌汁は赤味噌で青海苔と大葉いり、この組み合わせはとてもいいです。

 天ぷらを食べるのだったら、カウンターがいいと思うけど、このお店はテーブルが主体でした。出張者や旅行客が相手だからだろうと思うけど、おひとりさまでも使いやすいお店だと思います。


スポンサーサイト
[ 2018/04/09 ] 東京 東京丸の内 | TB(0) | CM(0)

つるとんたん BIS TOKYO 丸の内店 - うどんは、ちょっと柔らかすぎかも

女子率:70% 
男子障壁度:☆

東京駅 - プロジェクションマッピング


 少し前になりますが、東京駅でプロジェクションマッピングをやっていたので、それを見た後に、つるとんたんに行ってみました。銀座の東急プラザにあるつるとんたんは、いつもすごい行列なので、こちらは少し空いているかと思ったら、やっぱり行列でした。

 お店の人に聞くと30分待ちということだったけど、つるとんたんに行く機会もないので、ここで待ってみることにします。見事におひとりさまはいませんが、20分程で案内になりました。

 メニューはたくさんあるけど、釜たけうどんと同じくらいの値段になる「山かけうどんと天ぷら(1,380円)」にします。寒い日だったので、きつねうどんも捨てがたかったけど。ここは3玉まで同じ値段だそうですが、そこまで食べきれないと思って、2玉にしました。

つるとんたん - 山かけうどんと天ぷら


 大きな器にきれいに盛られたうどんです。汁を掛けて、よく混ぜてから食べます。うどんは、つるつるですが、すこし柔らかいですね。うどん単体だと、釜たけうどんのほうがいいと思いますが、どうしてこんな行列になっているのだろうと思います。塩で食べる天ぷらも、あまりおいしいと思うレベルでもないのです。

 量的には、3玉でもいけたかなあと思いますが、2玉がお腹的にはちょうどいい量でした。向かいの二人組はカレーうどんだったり、普通にコースメニューを食べているグループもいるので、オシャレな店内は宴会向きなのでしょうか。いつも行列になっているので、少し期待が高すぎたのかもしれません。

 カップルやグループが多いけど、基本はうどん屋さんなので、おひとりさまでも使いやすいお店ですが、並ぶなら「釜たけうどん」にいきます。三玉まで同じ料金なので、お腹が空いているときはいいかもしれないけど、それくらいかなぁ。


[ 2018/02/18 ] 東京 東京丸の内 | TB(0) | CM(0)

釜たけうどん 東京駅キッチンストリート - つるつるのうどん

女子率:50% 
男子障壁度:なし

 ランチの時間なので、「つるとんたん」と悩みながら、「釜たけうどん」にしました。人気の関西のうどんが、東京初出店のお店だそうです。東京駅キッチンストリートにあるので、お昼時だと5人ほど並んでいました。お店の前には、難波本店は、ミシュランで賞を取ったことがドーンと宣伝されています。ここ本店じゃないけど。

 待ち時間は短く、うどんだからすぐに案内されました。おひとりさまなので、カウンター席です。一応、カウンターでもよいですかと聞いてくれますが、うどん屋だから問題ありません。場所がら外国人観光客から女子おひとりさままでいて幅広い客層で、いつもの丸亀製麺とは違います(笑)。

 メニューから、「ネギトロ丼とちく玉天セット(1280円)」です。難波だとこんな値段じゃないと思うけど、東京駅だから値段は高めです。うどんは、注文がはいってから茹でるので、丸亀製麺とは違って時間がかかります。ファストフードではないので、注意が必要です。

釜たけうどん - ちく玉うどんのネギトロ丼セット


 ぶっかけは冷たい方にしました。温かいと少し醤油が温まってしまい、醤油出汁のキレがないように感じるので、よほど寒いときでなければ、冬でも冷たいほうを頼みます。レモンを絞って食べてくださいということで、しっかりと絞って、生姜と胡麻を混ぜて食べます。

 麺はつるつるで、歯ごたえも喉越しもよくておいしいと思います。さすがに丸亀製麺とは値段が違うだけあります。残念ながら玉天は、半熟ではありませんでした。ちくわ天は大きくて、おいしいですね。

 ネギトロ丼はお得なセットなので付けてみたけど、ネギトロにする必要はなかったかな。普通に「ちく天玉」で十分だったと思います。ネギトロ丼より大盛りのほうがよかったかもと思いました。丼のセットは、カレーを頼んでいる人のほうが多かったかも。カレーうどんを食べている女子もいたので、寒い冬はそちらが人気かもしれません。


[ 2018/02/06 ] 東京 東京丸の内 | TB(0) | CM(0)