2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

Fete Cafe 自由が丘 - おいしいカフェ飯、あります。

女子率:60% 
男子障壁度:☆☆☆

 自由が丘で食事をして帰ることになったので、カフェを探します。駅から少し離れるけど、週末は夜もカフェ飯が食べれるFete Cafeに行きました。駅の南口から歩くと、行列の出来たお店があります。タルトを売っているベイクでした。そんなに並ぶほどだったかなぁ。西武池袋の北海道展で買ったことがあるけど。

 お店は、ちょっと離れているので少し周りが寂しくなります。お店の前のテラス席で座って食べている人がいたので、混んでいるのかと思ったら、そうでもなくて、お店のドアを開けて入ります。

 先客は3名ほど、カウンターで近所のおじさんが座って話していました。女子二人組の隣の壁側の席に座ります。メニューをもらって、ちょっとどれにしようかなぁと迷ったけど、カフェ飯と思ってきたので、Today's Plateで、メインを「豚バラと3種のキノコのかぼす和風醤油」にして、有機カボチャのスープを追加しました。それと、ドリンクにプラムの果実酢のソーダ割りを追加したので、あわせて1,980円でした。

fete cafe - 夜ごはんプレート


最初に果実酢のソーダ割りをもらいます。よく混ぜて飲んでくださいというこで、混ぜ混ぜしてから飲みますが、甘酸っぱいですね。果実酢じゃなくて、果実酒なら更によかったかも。w

 夜ごはんプレートは、いろいろおかずが乗っているなぁと思ったら、黒板にプレートの絵が書いてあって、惣菜の説明がありました。サラダに生カボチャがあります。どうだろうと思ったけど、えぐみもなくちょっと歯ごたえのある瓜って感じでした。

 追加でつけたカボチャのスープがおいしいです。スプーンが付いていたけど、ちょっと大きめで使いにくいので、お味噌汁のように手に持って飲みます。

 ご飯は、あきたこまちの玄米だそうです。おかずは、メイン以外はだいたい同じみたいですね。今回は、かぼすをもらったので、メインにかぼす和風醤油にしてみたそうです。爽やかな酸味と醤油がいい味でおいしい豚肉の炒め物になっています。これ、とてもおいしくて、いいカフェ飯です。

 ランチだと、同じ値段でこのプレートにドリンクがつくみたいですが、夜なのでドリンクは別でした。 このfete cafeプレート、テイクアウトしていくお客さんが多かったです。 お店は混雑していないので、男子おひとりさまでも、それほど違和感はなかったです。もっとも、カウンターにいたおじさんが、ずっとしゃべっていたおかげかも。週末のランチなら混みそうです。

 帰り間際に、親子連れが入ってきました。でも、犬を連れています。テラス席ならまだしも、店内もOKなんて、ダメだなぁ~と。自由が丘だと、しかたないのかもしれないけどね。男子カフェとしては、ちょっと残念でした。ご飯は、おいしかったですよ。



楽天市場| 楽天トラベル|楽天ブックス
スポンサーサイト
[ 2015/09/11 ] 東京 自由が丘 | TB(0) | CM(0)

Blue Books Cafe 自由が丘 - 本が読める落ち着いたカフェ

女子率:50% 
男子障壁度:☆

 クラフトビールを飲みに行こうと、自由が丘にあるBlue Books Cafeに行ってみました。平日の夕暮れ、地下へと階段を降りて、透明なドアを横に引きます。一瞬、押すのか引くのか迷ったけど、横に引くが正解でした。お店は、禁煙なので、入口の前でタバコを吸っているお兄さんを避けて入ります。

 天井の高い部屋です。店員さんに奥の二人席の好きなところにどうぞと言われて、一番端に座ります。でも、壁際だと狭く感じるので、もうひとつ横の席がよかったかも。

 お客さんは、おひとりさまが3名とカップルがひと組と少ないです。平日の夜だとあまり混まないみたいです。

 メニューをもらって、ブルーノート東京 ビール(900円)と季節野菜とフルーツのピクルス盛り合わせ(800円)を頼みます。ちょっとオニオンリングを迷ったけど、ピクルスに魅かれました。

Blue Books Cafe - ブルーノート東京 ビールとピクルス


 ビールは、爽やかな軽さで、苦さが控え目で美味しいです。「人生、ドライじゃつまらない」って人に合うタイプですね。w 

 フォークもお箸も出てこなかったので、ちょっとどうやって食べるのか迷いました。単に忘れられただけのようで、フォークをもらいます。ピクルスは、すこし微妙です。小茄子のピクルスはいいけど、グレープフルーツのピクルスってどうなのよって。このアピタイザーは、ビールに合わせるより、白ワインの方が、良さそうです。 また、メニューをもらって、Blue Books Cafeバーガー(1,200円)を頼みました。

Blue Books Cafe - Blue Books Cafeバーガー


 このハンバーガーには、アツアツのフライドポテトが付いていたので、最初からこれにすればよかったですね。やっぱり、ビールのおつまみは、フライドポテトって思い直しました。

 ハンバーガーは、ビーフのパティに大きな茄子の輪切りとタマネギの輪切りが挟んであります。トマトやレタスはないパターンでした。こんなに大きいのに、どうやって食べようと思ったら、新しく持ってきてくれたコップの中に、ハンバーガー用の袋がありました。その袋に入れて、かぶりつきます。このハンバーガーはおいしいですね、そして、やっぱりビールが欲しい。^_^

 最初から、ビールとハンバーガーにすればよかったなぁ~と思いました。フライドポテトにハンバーガーを食べたら、お腹も一杯になったので、デザートはやめておきました。今日の夕食は、税込みで3,132円になりました。

 このカフェは、置いてある本が自由に読めるということで、目に留まった「ハリネズミ飼いになる」という本を読みながら食べました。普段は、絶対に手にすることのない本なので、こういうお店に来たからと読んでみました。

 ハリネズミは、ネズミじゃなくて、モグラとか。こんな動物をペットしている人もいるんですね。写真に写ったハリネズミはかわいいけど、人になつくのかどうか不思議です。モグラなので、視力は弱くて、においで相手を嗅ぎわけるそうです。この本によると、先に動物病院を見つけておくこと、困った時に相談できるブリーダーから買うことが大切とか。ハリネズミにもブリーダーがいたのかと思ったけど、半年で大人になってしまうのだから、アフリカから捕まえてくるわけにもいかないか。輸送費のほうが高くなっちゃうしね。



 このカフェ、おひとりさま率が高くて、女子おひとりさまは、コーヒーを飲みながらノートPCを広げてお仕事中です。終わったあと、パスタを食べてました。ほかでも、ノートPCを広げている人がいて、おひとりさまが気楽に使えるカフェって感じです。気楽に使うには、ちょっと価格が高めだけど、自由が丘では珍しいタイプなので、たまにいいかなぁ。

楽天市場| 楽天トラベル|楽天ブックス
[ 2015/09/06 ] 東京 自由が丘 | TB(0) | CM(0)