2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

萬福 松浦 - お刺身ではなくあら煮です。

女子率:50% 
男子障壁度:なし

 平戸城の前に、平戸瀬戸市場近くにある「お食事の店 萬福」で早めのランチにしました。開店早々の時間だったので、客はひと組だけで、おひとりさまなのでカウンターです。後から地元の人なども入ってきて、少し混んできます。

 お刺身がお替りできるお店として有名みたいですが、お替りしたいほど刺身が好きではないので、店頭にあったお勧めの「あら煮定食(1,296円)」を頼みました。

 少し時間がかかりますということで、先にセルフサービスで食べ放題になっているキャベツと水菜のサラダにさつま芋の天ぷらをもらいました。サラダには途中で昆布の煮物も追加されました。もう少し温かくなると、サラダの種類は増えるかもしれません。

萬福 - あら煮定食


 あら煮は、鯛でした。季節的に鰤かと思ったけど違いました。鯛だと都内でもよく食べるのでちょっと残念です。ちょうど鯛一匹分のアラだと思います。市場が近いので、新鮮そうだけど、この辺りだとやはり養殖でしょうか。

 見た目はたくさんあるようでも、あら煮だとちょっと食べるところは少ないかなぁ。それでも、頭の上のしっかりとして身や目の下の柔らかい身などおいしく食べました。料理に対して、ご飯の量が少し足りない感じです。ご飯の大盛りは、+100円だそうです。

 週末の値段なら、妥当な内容はこんなものかと思いますが、平日のランチだと都内でももう少しコスパがいいものがあると思います。まあ、お刺身がお替りできるのが特徴のお店なので、あら煮は、お刺身用の身を取った残りのおこぼれ料理でしょうか。(笑)

 役所関係の人が来て、ふるさと納税の話をしていました。でも、なにも返礼品できるものはないと話していたけど、自家製のマヨネーズでも対象にするのでしょうか。そういえば、松浦市もふるさと納税をやっていましたね。

平戸城からみるオランダ商館と平戸瀬戸


 この後平戸城に行きました。平戸城の天守閣からみたオランダ商館と平戸の瀬戸です。オランダ貿易が出島に移るまでの少しの期間、この平戸が貿易の中心だった名残りです。


スポンサーサイト
[ 2017/04/13 ] 長崎 | TB(0) | CM(0)

レストラン 門 佐世保 - レモンステーキは高級肉でなくても。

女子率:--% 
男子障壁度:なし

 佐世保に来たら、「レモンステーキ」と決まっています。ということで、夜はレモンステーキを食べに、「レストラン 門」に行きました。いろんなタイプのレモンステーキがあるので、駅周辺のレストランでも十分だけど、雨も降っていないので、歩いて発祥のお店と言う「レストンラン 門」です。

 予約はしていないけど、平日夜なら空いているだろうとお店に入ります。予想通りというかガラガラでした。お店に入って「おひとりさま」と言うと、左手にある障子の引き戸を閉めると個室になるタイプの部屋に案内されました。

 メニューをもらって、特選グルメコースの長崎和牛のレモンステーキ(5,000円)に赤ワインを頼みました。レモンステーキなので、ライスを選びました。合計で、約6200円です。

レストラン 門 - アスパラガスのベシャメルチーズソース煮


 前菜は、アスパラガスのベシャメルチーズソース煮です。チーズソースがとてもおいしいので、フランスパンを付けてくれました。このオードブルがおいしいです。それに赤ワインをもらって正解です。

 料理を運んできたあと、引き戸を閉めていったけど、きっちりと閉めてしまうと中の様子が見えないので、次の料理を出すタイミングが分からないのではないかなぁ~と思っていたら、少し隙間ができました。(笑)

 スープは、ゴボウのポタージュです。こちらもカプチーノ仕立てでした。

レストラン 門 - レモンステーキ


 そして、メインのサーロインの“レモンステーキ”です。レモンステーキなので給仕さんがその場でレモンを絞ってかけます。じゅうじゅうという音といい香りが漂います。お肉は薄くて柔らかいので、そのままお箸で食べます。しかし、ちょっとこの量ではお肉を食べたという感じがしませんね。事前にわかっていたけど、この少なさはちょっと残念です。

 ソースがおいしいので、少しお肉を残して、ご飯を鉄板にのせてソースと絡めて食べます。これがとてもおいしいから、お肉は長崎和牛じゃなくても十分だと思います。

レストラン 門 - オレンジソースのババロアとコーヒー


 最後にオレンジソースのババロアとコーヒーをもらって終わりです。

 レモンステーキは、そのままご飯と投入して一緒に食べるのが一番おいしいかも。でも、きっとマナー違反かな。(笑) レモンステーキは期待したほどじゃなかったけど、アスパラガスのベシャメルチーズソース煮がおいしかったのでよかったです。


[ 2017/04/12 ] 長崎 | TB(0) | CM(0)

ゆきおじさんの佐世保バーガー本店 佐世保 - 辺鄙なところにあるハンバーガー屋さん

 佐世保に来たら「佐世保バーガー」と決まっています。石岳展望台からの夕日の写真を撮り行く前に、「ゆきおじさんの佐世保バーガー本店」に行きました。パールシーリゾートにも佐世保バーガーショップはあるので、そちらでもいいけど、こんな辺鄙な場所にポツンとあるのが不思議です。平日だし、お昼の時間も過ぎているので誰もいませんでした。

 車を停めて、レギュラーサイズのスペシャルバーガー(700円)を注文します。佐世保バーガーは作り置きをしないのが鉄則なので、注文が入ってから作ってくれます。

 ここは、ソフトドリンクは自動販売機でした。まあ合理的ですね。そのままお店の前のテーブル席に座って待っていると持ってきてくれました。

ゆきおじさんの佐世保バーガー本店 - スペシャルバーガー


 パテが見えないけど、長崎県産和牛を使っているそうですが、あまりお肉の味は主張しません。チーズ、ベーコン、卵とすべて入っているので、肉の味が少し弱くなるのかもしれませんね。バンズが焼かれていて、半熟気味の卵がおいしいです。全体のバランスもよくて、かぶりつくとおいしいハンバーガーです。

 値段的には、クイアナと変わらないけど、食べ応えはクイアナの勝ちです。肉質が違うので、ハンバーガー自体のおいしさはこちらが上だと思います。ちょっと目指すところが違うので比べても意味ないかもしれまん。車がないとこれないので、旅行客には、わざわざここまで来なくても、市内の佐世保バーガーで十分かな。佐世保駅近くにも店舗があるみたいです。

 店舗にお金がかからないだけ、素材にお金をかけているのかもしれないけど、こんな山の中でも商売が成り立つのがすごいですね。並んでいるテーブルや椅子を見ると、観光シーズンや休日だとたくさんお客さんがくるみたいです。

石岳展望台からの夕陽


 石岳展望台からの夕日を撮ってみました。場所取りをしている団塊世代のカメラマンがたくさんいて、アングルが限られたけど、まあそれなりに撮れます。もう少し雲が少ないと夕焼けがきれいだったろうけど、旅行中なので、こればかりはどうしようもないですね。


[ 2017/04/11 ] 長崎 | TB(0) | CM(0)