2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

アジュール 西池袋 - アジュールdeおひるごはん、がっつり系。

女子率:80% 
男子障壁度: なし

 いつも素通りしていたけど、看板のランチのメニューを見ると普通に定食があります。夜はバーなので、タバコを心配したけど、お店に入ってタバコ臭かったら止めうと思いながら、階段を上がります。

 お店に入ると、誰も吸っていないので、安心しました。テーブルに灰皿がなかったので、お昼は禁煙なのかもしれません。店内は、大きなテーブル席が真ん中にあって、カウンター席とテーブル席が4つぐらいの大きさです。

 男子カフェが入ったときは、6割ぐらいの先客で、カウンター席は、お店の知り合いのおばさんが座っていました。大きなテーブル席に相席になるかと思ったけど、奥の4人用のテーブル席になりました。

 女子率が高めで、近くのOLが多いみたいです。男子カフェの後から、おひとりさまが続いたので、おひとりさまも多いみたいです。

 チキンの竜田揚げが売り切れていたので、ポーク焼肉とメンチカツのセット(850円)です。お勧めになっていた三元豚のカツカレーも捨てがたいけど、最近、カレーが多かったので、今回はパスしました。

アズール - ポーク焼肉&メンチカツ


 女子率が高いので、食事の量は普通だろうと思っていたら、ABCキッチンと同じがっつり系でした。大盛りのサラダの上に焼肉ポーク(5切れ)が乗って、隣にメンチカツが二つあります。右には、ナポリタン系ではないパスタです。そして味噌汁付きなので、とっても定食屋さんスタイルでした。

 まずは、くるっと回して、後ろから胡麻ドレッシングのサラダを食べます。量が多いので、途中でまた皿を回して、手前のポーク焼肉を食べます。しっかり味のついたポーク焼肉はおいしいですね。このソースの濃さだけでご飯が進みます。

 メンチカツには、辛めのタルタルソースが付いていました。このタルタルソースはちょっとしつこい味でした。揚げたてでサクサクのメンチカツはおいしいので、普通にウスターソースでもいいと思うけど、ポーク焼肉と味がすこしかぶってしまうのでタルタルソースなのかもしれません。

 しかし、量が多いですね。この多さは予想していませんでした。最後は、パスタは、焼肉ポークのソースとサラダのドレッシングが混ざって、いったい何味なのかわからなくなりましたが、何とか完食しました。とてもじゃないけど、ご飯大盛りとかデザートをつける余力はありませんでした。

 隣のテーブル席のOL3人組のうち、二人はきれいに食べていたので、女子でも、結構食べる人が来ているのですね。後から来た女子おひとりさまも男子カフェより早く食べ終わっていました。

 予想に反して、がっつり系の定食なので、たくさん食べたい人にはいいのだけど、ただ調理時間はかかるので、余裕のあるときにどうぞ。その分、作り置きをせずに手間をかけて作っているので、おいしいですね。

スポンサーサイト
[ 2018/07/11 ] 東京 池袋西口 | TB(0) | CM(0)

桜丘カフェ  渋谷 - 分煙なの?

女子率:50% 
男子障壁度:なし

 モーニングが食べられて、WiFiが使えるところを探して、渋谷駅から坂道を上がって桜丘カフェに行きました。山羊を飼っているお店だったけど、高齢で引退したそうです。外はテラス席に改装されていました。

 店内は、間接照明が中心なので暗く、アンティークの家具で統一されています。喫煙かどうかは聞かれなかったので空いている奥のほうのテーブル席にしました。テーブルの上に灰皿が置いてあったので喫煙席だったけど、先客は一組だけで、たばこを吸っていないので、大丈夫だろうと判断します。まあ、だいたい期待を込めての判断なので、外れることが多いです(笑)。

 モーニングのメニューの中から、Bセット(650円)にします。ドリンクは、ホットコーヒーです。お店の雰囲気がわかるように、ちょっと引き気味で撮りました。

桜丘カフェ - モーニングセット


 コーヒー(宇田川ブレンド?)は、炭のような苦さですが、酸味たっぷりより、こちらの方が好きです。少しミルクと砂糖を入れて、いただきます。

 Bセットは、ハム、スライスチーズ、目玉焼きがきれいに盛り付けてありました。なかなかいいモーニングセットですね。トーストにハムとチーズをのせていただきます。ちょっとトーストがパサパサしているけど、雰囲気先行でもないので、いい感じのモーニングセットでした。

 WiFiを使いたかったので、パスワードを聞いて設定したのですが、IPアドレスを取得に行ったまま応答がありません。ルーターが死んでいないでしょうか。ちょっと急いだので、iPhoneをテザリング設定にして、BlueToothでつなげて使いました。WiFiを探した意味がない・・・・。

 最初は静かだった店内も、近くの会社員のグループが打ち合わせで入ってきてうるさくなり、隣にタバコを吸うおばさんが来たので撤収することにしました。もう少しゆっくりしたいと思っていたのに、空いていると思っても、きちんと禁煙席を確認しておかないとダメですね。お店の雰囲気はいいところだと思うので残念です。まあ、おひとりさまより団体のほうがお店の売り上げに貢献するのでしかたないけど、次回、モーニングに行く機会があれば、きちんと禁煙席を確認したいと思います。

 もしかして、ないとか・・・・?

馬場南海 高田馬場  - お客が途切れない人気店

女子率:0% 
男子障壁度:なし

 高田馬場の西側の裏通りに喫茶店、ハンバーグの洋食屋さんと3つのお店が並んでいます。これ、どこに入ろうかと迷いそうになりますが、食後に珈琲という気分ではないのと、喫茶店が禁煙かどうかわらかないので、とりあえずリストに入れておきます。

 そして、カツカレーが人気の学生街の食堂という「馬場南海」に入ります。混みそうなので、お昼を外した時間に行ったけど、結構、混んでいました。客層は、学生よりほぼサラリーマンですね。向かいは、語学専門学校があったけど、お客さんはみんな日本人でした。まあ、学食に行くか・・・(笑)。

 お店の前のサンプルを見て入ろうと思ったら先にサラリーマンが入っていったので、続いての入場です。入ってすぐの券売機で食券を買いますが、カツカレー(700円)にします。

 おひとりさまなのでカウンター席になります。というか、カウンター5席とテーブル席が2つの小さな食堂なので当たり前ですが、カウンター席は満席でした。

 注文が入ってから、カツを揚げていきます。目の前のカウンターの上で、3つのカツカレーが同時進行で作られていきました。

馬場南海 - カツカレー


 カレーは、黒いですが、割とさらっとしたカレーです。カレーを食べるというより、サクサクのカツをカレーソースで食べるような感じです。カツライスの上に、デミグラスソースではなく、カレーをかけたというほうが近いかなぁと思います。

 カレーは、あまり辛くないので、カレーだけだと、ちょっとインパクトに欠けますが、目玉焼きが付くので、これを崩しながら一緒に食べるとおいしいですね。

 キャベツの千切りサラダが付きます。ドレッシングは、カウンター席にも置いてありました。また、福神漬けが2種類ありました。赤系と無着色系の2種類です。たっぷりの福神漬けを乗せていただきました。福神漬けが好きな男子カフェにはうれしいです。

 そして、お味噌汁が付きます。カレーにお味噌汁は、定食屋さんではデフォルトですか。しかし、これで700円なのだから、コスパが良すぎですね。カレーは激辛という人は、ちょっとおすすめはできないけど、ほどよくカツカレーが食べたい人にはお勧めです。

 客の多くはカツカレーを注文していましたが、隣で食べていた人の大きな海老フライと豚肉の生姜焼きのセットがとてもボリュームがあっておいしそうです。プラス100円で、ご飯をカレーにできるので、カロリーを気にしないなら、フライにカレーのセットは最強だと思います。それで、1000円もしないのだから、すごいですね。