2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

当たり前田カレー 米子 - 店名ほどのインパクトはないです。

女子率:--%
男子障壁度:なし

 米子駅前のビジネスホテルに泊まったので、夕食に近くのお店を探すと、ハンバーグ屋さんかカレー屋でした。

 店名は、カレー専門店「こーとどーる」だけど、看板には大きく「当たり前田カレー」と書かれていて、こちらのほうが店名として通っているようです。「当たり前田」と聞くとクラッカーを思いだすので、そのパクリと思うとちょっと心配ですが、お店の前に地元食材にとことんこだわった「大山山麓カレー」の看板が出ていたので、入ってみました。

 店内は、カウンターとテーブル席ですが、カウンターに一人先客がいるだけでした。一人なので、カウンター席に座ります。メニューを見ると、3種類のカレーを選択して、トッピングを追加するスタイルでした。ココイチと同じタイプですね。でも、食べようと思っていたのは「大山山麓カレー(999円)」なので、そちらを頼みます。ついでに、当たり前田特製ブレンドコーヒー(108円)を食後に頼みました。
 
 注文した後、女子おひとりさまとおひとりさまのおじさんが入ってきました。カレー屋なので、女子おひとりさまでも入りやすいです。カウンターの向こうで二人で調理をしていて、冷蔵庫の扉に、追加オプションの素材の残り数が書いてあります。

当たり前田カレー - 大山山麓カレー


 ベースのカレーは、サラサラのルーでスパイスが効いているのはわかりますが、あまり辛くないです。激辛スパイスがあるそうなので、それをもらってもよかったかも。でも、ルーの味自体は、いいと思います。

 大山鶏のタンドリーチキン、米子産の白ネギのソテー、大山ブロッコリーがのっています。タンドリーチキンは、タンドリーチキンと言われても、普通にチキンローストかと思いました。カレーの味が勝ってしまうので、一緒に食べると単なるチキンになります。

 オーダーやメニュー構成からすると、ココイチレベルのカレーだと思いますが、「当たり前田」ならもう少し頑張ってほしいですね。

 カレーを食べ終えて、コーヒーをもらいました。特製と書いてあったけど、なにが特製なのか不明です。あまりおいしくないので、コンビニでよかったかなぁと思います。

 特別メニューに「縁結びカレー」というピンクのカレーがありました。ビーツを使ってココナッツカレーをピンクにしたもののようですが、こういうメニューを見ると観光客相手なのかもしれません。そうだ、男子カフェも観光客でした。(笑)


スポンサーサイト
[ 2016/09/25 ] 鳥取 | TB(0) | CM(0)

澤井珈琲 R431店 米子 - コスパのいいモーニング

女子率:50%
男子障壁度:なし

 大山に向かう途中で朝食を食べるために、カフェを探すと澤井珈琲と服部珈琲工房がありました。どちらもコーヒー豆の小売り会社ですが、澤井が鳥取で服部が島根の会社のようです。

 メニューをみると、澤井珈琲のほうがモーニングの内容がよかったので、R431号店に入ります。9時のオープンと同時に行ったのですが、すでに地元のおじさんやおばさんが開店待ちをしていました。米子の人は、朝は喫茶店でモーニングが普通なのでしょうか。

 お店は、商品の販売とカフェが併設されています。店員さんにお好きなところにどうぞといわれて、壁側の二人席に座りました。

 メニューを見て、モーングメニューからイングリッシュブレックファーストセット(550円)を頼みます。ドリンクは、コーヒーと紅茶が選べるので、コーヒーにします。一杯だけ、お替りは無料です。

澤井珈琲 R431店 - イングリッシュブレックファーストセット


 クロワッサンサンドにサラダ、ヨーグルト、ゆで卵のセットです。クロワッサンは、トーストに変更できます。モーニングにしては、サラダがたっぷりはいっているセットでした。ドレッシング別添えなのがいいですね。

 コーヒーは、少し軽めのコーヒーですが、朝食にはいいと思います。もちろん、一度、お替りしました。店員さんがポットから注いでくれます。

 お店は、おひとりさまもいますが、お年寄り夫婦が思ったより多いです。週末の朝は、喫茶店でモーニングは、鳥取の人は普通なのでしょうか。少し前まで、スタバはなくてもすなば珈琲はあると言っていた鳥取駅前には、たくさんの喫茶店があるほどコーヒー好きのようだけど、米子も同じなのでしょう。

大山を北側から撮影


 大山をスキー場のある北側から撮影してみました。青空だったら山の稜線がはっきり写ってよかったのに、この日は曇り空でした。夏はちょっと撮影に向かいのかも。


[ 2016/09/23 ] 鳥取 | TB(0) | CM(0)

御食事処「さかゑや」 境港 - 蟹の脚は6本?

女子率:--% 
男子障壁度:なし

 米子空港の最終便の前に、夕食を食べようと境水道大橋を渡って、味処「まつや」に行ったら、なんと満席。開店に合わせて、5時に行ったのにもかかわらず。次は6時半からなら、なんとか席は用意できると言われてやめました。

 しかたないので近くで探すことにして、るるぶのサイトを検索したら、空港に向かう途中の道で、橋を渡ったところにお店があったので、かに料理もある御食事処「さかゑや」に行きました。

 禁煙ではないけど、席が離れているのでなんとかセーフです。メニューを見ると、松葉ガニは時価となってい、聞くと松葉ガニがつく「お手軽かに御膳」は、4860円。通常の紅ズワイガニだと、2,484円です。2倍の価格差だけど、せっかくだからと、松葉ガニにしました。車なので、今回は、お酒はなしです。

さかゑや - お手軽かに御膳「松葉ガニ」


 松葉カニが一杯に、お刺身、小鉢、茶碗蒸し、味噌汁がつきます。まずは、解禁になった松葉ガニから食べます。

 カニは、カニ酢を付けなくても美味しいということで、脚の身をそのまま食べると、たしかに甘みがあって、なにもつけなくても十分に美味しいです。蟹つめもおいしいですね。からだの部分は、すこしカニ酢をつけたほうがいいかもしれません。それから、蟹みそはあまり好きではないけど、これは、臭みもなくおいしく食べれます。今まで食べていたカニみそが悪いのかも。(笑)

 そして、はたと気がついたのですが、右は脚が4本で、左は2本、合せて6本。ヤドカリかよ!とおもわず突っ込みます。いやいや、ズワイガニだから、カニの脚は8本。日本近海では共通だと思うけど、ここは日本じゃないのか。足りない2本は何処行ったのでしょうか・・・・・。

 壁に貼ってある紙を見ると、「カニを安く提供するために、脚の数がたりないカニもあります」と書いてありました。となると、出すカニによって値段が変わるということでしょうか。時価と言いながら、壁にはきちんと値段が書いてあるので、時価って、そういう意味じゃないと思うけど。1本ならまだしも、2本も足りないと、ほんとに足りないのか、抜かれたのか、ちょっと不信感が・・・・。

 蟹を食べ終わってから、他の料理を食べます。しかし、刺身はちょっと新鮮さを感じない残念な味です。ここ海鮮丼がウリだったと思うけど。あら煮はまあいいけど、それ以外もあまりよくないですね。カニと人件費がコストの9割以上占めてしまった感じです。

 食べていると外で待っている客が何度も入ってきて、まだかまだかとちょっとうるさかったです。あまり広くはないので、早い時間から満席になったけど、そんなに並ぶほどのこともないと思います。とりあえず、解禁になった松葉ガニを食べてみましたというお店でした。



楽天市場| 楽天トラベル|楽天ブックス
[ 2014/12/16 ] 鳥取 | TB(0) | CM(0)