2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

グリーングラス 隠岐の島(西郷港) - GlassではなくGrassです。

女子率:--%
男子障壁度:なし

 七類港に戻る「フェリーくにが」に乗る前に時間があったので、西郷港にある喫茶グリーングラスでお茶をしました。

 月曜日は、定休日だったと思ったら、オープンしていました。ラッキーと思って、お店に入ると、おばさんに、今日はドリンクだけでいいですかと聞かれました。隣のお土産屋さんのおばさんが作っていたので、本来のオーナーとは違うみたいです。珈琲が飲みたかったので、ドリンクのみでもOKです。

 先客はいないので、窓側のテーブル席に座ります。この席、エアコンがガンガンにきいていたので、ホットのブレンドコーヒー(380円)を頼みました。隠岐の島に来て、まだホットコーヒーを飲んでいないので、店内が冷え冷えで助かりました。そんなに冷えていなくても、ホットコーヒーを飲んでしまう男子カフェだけど。

グリーングラス - ブレンドコーヒー


 ブラジルベースの酸味のあるブレンドコーヒーです。離島で飲む珈琲なので、特に文句もなく、フェリーの出発待ちに使えて便利です。ついでに電源を借りて、iPhone6を充電させてもらいました。

 フェリーの乗船時間が近づいたので、お店を出ました。お客さんは、同じくフェリー待ちに入ってきたおひとりさまがいただけなので、二人でした。

 フェリーは、定刻通りに出発して、西郷港を後にして七類港に向かいます。

フェリーから見た西郷港



スポンサーサイト
[ 2016/09/27 ] 島根 | TB(0) | CM(0)

さざえ村 隠岐の島 - さざえ村のサザエ丼です。

女子率:--%
男子障壁度:なし

 隠岐の島(島後)の白島海岸と浄土ヶ浦海岸の間にある中村海水浴場にあるお店です。海の家のようにエアコンもなく、窓やドアは全開です。お店に入ると、おばさんが窓側の席が涼しいからと窓側に座ります。大きなテーブルが二つだけの小さなお店です。お店の前は、海水浴場になっていて、海水浴を楽しんでいる子供がたくさんいました。

 メニューは、カレーや焼きそばもあるけど、ここはやはり、「サザエ丼(900円)」です。さざえのつぼ焼きか刺身がつくセットもあるけど、両方とも昨日の夕食で食べていたので、単品にしました。お水はセルフですが、おばさんが気を使って持ってきてくれました。

 観光客は「サザエ丼」を頼むみたいですが、地元のおじさんたちは焼きそばやカレーを食べていました。まあ、地元に人なら、さざえはいつでも食べられるから?

さざえ村 - さざえ丼


 パッと見たら、シイタケが入っているのかと思ったら、さざえでした。さすがに名物にしようと思っているだけに、たくさん入っていました。志賀島で食べた「さざえ丼」より多いかもしれません。さざえは歯ごたえもよく、卵と葱もいい感じで入っていて、塩辛くなることもなくおいしく頂きました。おばちゃん、ごちそうさまでした。

隠岐の島 - トカゲ岩


 ここから少し山の中を走ったところにある「トカゲ岩展望台」からのみたトカゲ岩の写真です。なんだかキツツキに見えますが、ちょっと嘴が短いか。


[ 2016/09/26 ] 島根 | TB(0) | CM(0)

荒木屋 出雲 - 3段重ねの割子そば

女子率:--% 
男子障壁度:なし

 出雲大社の駐車場に車を停めて、参拝前に腹ごしらえと、ちょっと歩いて老舗の「荒木屋」に行きました。お店の向かい側に駐車場があるので、そちらに停めてもよかったみたい。平日の11時だったので、お店も駐車場も空いていました。

 店内は、1階は6人掛けのテーブルと4人の座敷ですが、2階にも席があるようです。11時過ぎにいったけど、すでに何組がはいっていました。

 奥のテーブルに座って、メニューを見て、「割子3代そば(1,090円)」を頼みました。シンプルにそばを楽しむのだったら、「割子そば(810円)」でもよいのですが、せっかくなのでいろいろとついたものにしました。3段で、一人前の量ですね。

荒木屋 - 割子3代そば


 3段重ねででてくるのですが、写真のためにいったん全部広げます。有精卵、とろろ入り、ノーマルなそばの3段です。薬味は、「のり、ねぎ、もみじおろし」。濃いめのそば湯も出てきます。

 割子そばは、最初の器に薬味をいれて、少量のだしをかけて、食べます。そのあと、残っただしを次の器にさげ、だしをまた追加して食べるのが一般的な食べ方だそうです。そして、最後の残っただしは、そば湯にいれて飲みます。いろいろ入ったそばの場合は、そんなことしなくてもいいみたいですが、ノーマルなタイプと同じようにやってみました。(笑)

 いったん、ばらした3つの器をまた重ねます。まずは、一番上の生卵の入った器に、薬味とだしをいれて食べます。生卵の味も強いけど、そばの香りもよくします。信州のそばなどと比べると、黒いですね。あと、だしですが、すこし甘めですが、おいしいです。つけるタイプじゃなくて、掛けるタイプなので、ちょっとかけすぎてしまいそう。つけるタイプのだしは、濃くて結構きつめの味だったりするけど、ここのはちょうどいい感じ。

 そして、次の器のとろろ、最後の器に残りに薬味を全部いれて、食べました。

 そばの太さは、信州で食べたそばと京都で食べたそばの間ぐらいの太さでした。あと、弾力が割とあります。まあ、店によって微妙に違うのでしょう。「そば通」ではないので、細かいところはわかりませんが、また、食べたいと思う、おいしいおそばでした。

 そして、最後にそば湯をいただきます。このそば湯、とろ~としていて濃厚なそば湯でした。

 男子カフェの後に入ってきた女子二人組は、ぜんざいのついた「縁結びセット(940縁)」を頼んでいました。円じゃなくて、縁でした。出雲ですからね。



楽天市場| 楽天トラベル|楽天ブックス

[ 2014/12/15 ] 島根 | TB(0) | CM(0)