2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

五星飯店(Five Stars Cafe) 中目黒 - シンガポール料理とトラベラーズノート

女子率:70% 
男子障壁度: ☆

 トラベラーズノートを買いに中目黒のトラベラーズファクトリーに行ったのですが、12時から開店ということで、その前にランチにします。

 すぐ近くにFive Stars Cafeがあったので、そこで食べることにしました。カフェとついているけど、シンガポール料理がメインのお店でした。外観がなかなか中国の雑多な下町を思わせる雰囲気でいいですね。犬同伴がOKのようですが、それは午後1時からということで、その前に入店です。

 お店に入ると、半分ぐらい埋まっていました。おひとりさまなのでカウンター席になります。女子おひとりさまもカウンター席で、この後も女子おひとりさまが来たので、女子に人気のお店のようです。テーブル席はほぼ満席になるくらいで、混雑してきたけど、待つ人がでるほどではありませんでした。カウンター席もいっぱいにならずに、よかったです。

 ランチ用のメニューをみながら、初めてのお店なので、メニューのトップの海南チキンライス(950円)にします。鶏肉を茹でただけのような料理だけど、シンガポールの名物料理なので、まずはここからです。セットで鶏のスープが付きます。それから、ご飯は大盛りにしてもらいました。

五星飯店 - 海南ライス


 どんと盛られたライスは大盛です。隣の女子おひとりさまのプレートを見ると違いが一目瞭然でした。パクチーはまだ慣れないけど、茹でた鶏肉に3種類のソースをつけて食べます。チリ、ジンジャー、ブラックソイのソースをつけて食べてみましたが、どれもおいしいけど、一番合うのは、チリかな。ブラックソイも捨てがたいけど、ジンジャーはなんだか存在感を失っている感じです。

 ご飯は、ジャスミン米です。香米は、ちょっと前までは臭いといわれていたけど、今では市民権を得て、結構な高級米です。鶏の出汁で炊いてあるけど、パサパサ感は東南アジアの料理にあいますね。最後は、ご飯に少しチリソースをかけて食べました。このピリ辛さがいいです。

 鶏のスープも、柔らかい味に脂がいい感じに胃の中で広がります。これ、おいしいです。白米を入れて雑炊にしたいくらい(笑)。

 ドリンクは別料金なので、ここではやめて、最初の目的だったトラベラーズファクトリーに行きました。トラベラーズノートを買って、2階のカフェスペースでトラベラーズノートの準備をしながら飲みました。

 コーヒー(ドリップ)は、このお店専用のブレンドだそうで、300円です。1階のレジで注文&支払いをして、2階に運んできてくれます。2階に上がると同じようにコーヒーを飲みながら、キャラメル色のトラベラーズノートを広げている女子おひとりさまがいました。

トラベラーズファクトリー - トラベラーズノート


 ネットでポチッとすれば、名前を無料で入れてくれるし、送料無料だったりするけれど、皮の色合いや肌触りが実際にどんな感じが知りたかったので、今回は店舗での購入にしました。キャラメルもよかったのですが、ちょっとありふれているかと思い、今回はブルーにしました。写真だと光の加減で黒くみえるけど、黒みがかった青ということで。

 次回の旅行は、インスタでもSNSでもなく、このノートで旅行記を作成します。ちょっとアナログな世界に戻ります。これを機に少しイラストの勉強でもしようかと思った男子カフェでした。




スポンサーサイト

Meat & Bakery TAVERN 中目黒 - パン食べ放題&ドリンクフリーでお腹はパンパンです。

女子率:50% 
男子障壁度:なし

 ランチは併設しているベーカリーのパンが食べ放題なので、11時過ぎにランチに行きました。お店は、まだ3割ぐらいの客の入りでしたが、おひとりさまなので通り側のテーブル席になります。店内は、おひとりさまが二人いました。男子カフェの隣の席に、そのうちの一人がいて、おじさんですが、ちょっと変な感じと思ったら、おもむろに携帯で大きな声で話し始めます。うるさい韓国人でした。

 メニューを見ながら、お肉屋さんだけど、牛肉は、最近食べ過ぎのでスルーします。また、コブサラダでは、ちょっと変わりばえしないかと思って、「ふんわり卵のスキレットオムレツ(1,922円)」にします。ランチにはちょっと高めの値段でした。

 ドリンクバーになっているので、最初は豆乳カフェオレにしました。自分で注文してその場で作ってもらうのですが、成分無調整の豆乳とアイスコーヒーを混ぜて渡してくれます。ドリンクバーは、グラスとの交換です。このアイスカフェオレなら、最初からホットコーヒーにすればよかったと思います。

 黒いカゴに、パンを取ります。パンの種類は10種類ぐらいありました。甘いものは、後でデザート用にコーヒーと一緒にもらうとして、バゲットとプチパンを取りました。お水は、かわいい店員さんが持ってきてくれます。間違えて、自分で入れに行かないように(笑)。

 ドリンクバーがあるとはいえ、ここは100分制でした。おひとり様で100分はいないけど。ランチも予約も受け付けているので、12時前にはほぼ満席になりました。

TAVERN - ふんわり卵のスキレットオムレツ


 オムレツは、いわゆるスパニッシュオムレツです。アツアツのフライパンの中で膨らんでいるので、ゆっくり食べても、冷めないけど、途中でしぼみます(笑)。お肉のお店なので、中には大きめのベーコンが入っていました。途中からケチャップを掛けて食べると、味が変わるので、またおいしくなります。

 カンパーニュは、オリーブオイルで食べると美味しいです。ちょっと酸味が控え目だけど、サンドイッチにするわけではないので、丁度いい感じでした。

 パンをお替りして、ホットコーヒーをもらうともうお腹がいっぱいです。最初のカフェオレが余分でした。トースターで焼くのも面倒なので、そのまま食べたけど、ちょっと温めてもよかったと思います。

 ほぼ満席になった店内ですが、ベビーカーもオケーなので、子供連れも多いですね。

 最後に、シュガーラスクとホットコーヒーで締めて終了です。ちょっと食べすぎと思ったけど、韓国人の後に来た隣のカップルは、もっとすごかった。あんなに食べるのは、男子カフェには無理です。まあビュッフェはあまりお得な体質ではないということで。

 ちょっと食べ過ぎだったので、恵比寿まで歩いて帰りました。途中で、また一軒、面白そうなお店を見つけたので、次回以降のリストに加えました。

La vie a la Campagne 中目黒 - もっとパン屋さんかと思っていたのですが。

女子率:70% 
男子障壁度:☆☆☆

 中目黒から商店街を歩いて、ラ・ヴィア・ラ・カンパーニュでモーニングにします。一軒家をリノベーションしたカフェですが、もともと1階のパン屋さんがメインかと思っていたのですが、あまりパンは置いてなくて(この日だけだったのかも)、隣は洋服を売っているお店でした。2階がカフェになっています。

 お店に入って2階に上がっていくと、店員さんはいなくて、ちょっと待っていたらきました。さっさと空いている席に座っていればいいみたいで、あれ?座っていないの?っていう表情でした。お好きな席にということで、空いていた真ん中の大きなテーブル席の端に座ります。

 基本は四人席ですが、周りのテーブル席は埋まっていて、空いていた二人席は壁に並んで座るタイプなので、パスしました。その横並び席は、後から来た女子二人組が座りました。おひとりさまで六人席はちょっと悪気もしたけど、他の席はそのうち空きそうだし、そんなに混まない感じのカフェなので。それに端っこに座れば、真中を開けて相席もできると勝手に思ったのでした(笑)。そのあと来たのは、客は4人だったけど、みんなおひとりさまだったので、実はおひとりさま率が高いです。

 メニューはひとつしかないので、ブレックファースト(1300円)です。ドリンクは、暑い日だけど、朝なのでホットコーヒーです。

La vie a la Campagne - ブレックファースト


 スープは、野菜たくさんのミネストローネですね。ソーセージは、パリパリでナイフが簡単に入らないくらいです。サラダにはキヌアがはいっていて、おしゃれなカフェのモーニングプレートでした。

 パンは、ビュッフェと言っても、お替わりは店員さんにお願いするタイプです。でも、店員さんいなかったら、頼めない・・。隣のテーブルの女子二人組が頼むときに、一緒にお替りしました。

 パンは、温めて出してくれるのがいいですね。これは、店員さんにお願いするタイプの利点です。ただ、どれか何のパンなのかわからないのが残念でした。たぶん、ドライフルーツとバナナとスコーンとチョコレートかな。帰りに一階の棚には、バナナとチョコレートのパンに並んでいたので。

 コーヒーはフィルターを使ったドリップコーヒーだと思います。透き通ったコクのあるコーヒーなので、美味しいです。これは、ホットで正解でした。

 ゆっくり時間が流れる感じなので、優雅に朝食をとなるけど、値段と合うかどうかは財布と相談してください。窓側のテーブル席は二つしかないけど、窓側の席にすわって、明るい光を浴びながらの朝食は、雰囲気はとてもいいと思います。