2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

カフェ・ド・カオリ 松戸 - 焦げているパンケーキ・・・・

女子率:--% 
男子障壁度:☆

 初めての松戸でモーニングになります。松戸って、仕事で中国に行った時に宿泊したホテルに入っていた日本食レストランの名前がなぜか松戸でした。それくらいしか、松戸には縁がありません。

 駅構内にスタバがあったけど、せっかくだからと松戸のカフェを探します。東口の階段を降りてすぐのところに「Café de KAORI」がありました。お店の看板のモーニングメニューにパンケーキがあったので、ここにします。階段を降りて、地下一階のお店です。

 開店直後だから、男子カフェは一番乗りで誰もいませんでした。店内分煙なので、タバコを吸うかどうか聞かれます。もちろん、禁煙でお願いすると、奥の席になりました。アルバイトの女の子、入ったばかりなのか、店員のおばさんにいろいろ指導を受けていました。

 メニューをもらって、モーニングメニューからフルーツパンケーキにホットコーヒーにします(1,260円)。外が暑かったのでアイスコーヒーにしようと思っていたけど、店内はエアコンが効いていたので変更です。コーヒー豆は、森のコーヒーなので、大丈夫そうです。

 最初に一口サイズのオレンジジュースをもらいます。果汁100%でおいしい。

Cafe de KAORI - フルーツパンケーキ w ホットコーヒー


 そして、小麦色のパンケーキが来ました。フルーツの盛り付けがなんだか昔のデパートの屋上の食堂ででてくるような盛り付け方です。でも、さくらんぼは缶詰ではなく、アメリカンダークチェリーとさくらんぼになっています。

 パンケーキは全粒粉で、すこしパサパサした感じのホットケーキです。左側を一口食べると、あれ?焦げてない? 二口目を食べると、やっぱり焦げてるよね? 三口目で確信します、これ、焦げてますよ。たぶん、朝一番の客だったので、フライパンが十分に加熱できていなくて、ムラがあったのかもしれないけど、失格です。

 まあ、焦げてなければおいしいと思うけど、最後まで焦げを感じながら食べます。中央のクリームの下はアイスクリームだったので、この冷たさと甘さで助かりました。

 コーヒーは、深煎りで問題ないレベルだけど、やはり喫茶店というレベルですね。

 お客さんは、後から3人来ただけで、ちょっとモーニングメニューは1000円以上と高めなので、客は少ないかも。エアコンが効いて気持ちいいので、外に出るのがちょっと嫌になりそうな真夏日でした。


スポンサーサイト
[ 2017/07/22 ] 千葉 | TB(0) | CM(0)

レストランメルヘン 船橋アンデルセン公園 - デンマーク×デンマーク=日本

女子率:50% 
男子障壁度:なし

 ドイツ村に続いて、アンデルセン公園におひとりさまです。 公園内の風車の近くにある「レストランメルヘン」でランチにしました。ここにしたのは、ビールがあるから(笑)。お店に入る前に、食券を買います。テラス席はバーベキューができる席だけど、この暑さなのでバーベキューをしている人は少ないです。

 室内の席があるかどうかもわからない状況で食券を買わないといけないなんて不親切なシステムだと思うけど、おひとりさまじゃなければ先に席を確保してから買いに行けばいいのでしょう。おひとりさまを想定はしないだろうし。(笑)

 とりあえず食券を買います。デンマークランチとデンマークビールで合せて1350円は、ドイツ村より良心的な値段です。

 お店に入って、無愛想な店員さんに食券を渡します。いつも思うけど、公園の入口のチケットをチェックする女の子はにこやかなのに、食堂の女の子はそうでもない。男子カフェがイケメンじゃないからではなく、時給の差と思うことにしています。

 ビールはその場で受け取りますが、食事は番号札をもらって、用意ができたら呼ばれるので受け取りにいくシステムです。番号札をもらって、空いていた奥のテーブル席に座りました。隣のテーブルに一人で座っていた女子は、右肩から刺青がびっしりで、生ビールを2杯飲んでいました。2杯だから、たぶん、誰か連れがいたのでしょう。

レストランメルヘン - デンマークランチとデンマークビール


 デンマークビールって、どんなフレーバービールかなぁと思ったら、単にカールスバーグでした。サントリーが国内でライセンス生産しているのだから、瓶ビールなら普通に同じ値段の生ビールでよかったと思います。

 デンマークランチは、ターメリックライス、2種類のオープンサンド、ミートボール、ソーセージ、ベーコン、ハッシュドポテト、スクランブルエッグにオニオンスープと盛りだくさんです。ちなみに、アンデルセンランチは、メインがロールキャベツになります。

 基本、冷凍食品の解凍だと思いますが、テーマパークの食事だから、値段を考えるといいほうだと思います。一番デンマーク料理って感じなのは、オープンサンドでしょうか。

 それから、ソーセージがすごく塩辛くてびっくりしますが、ターメリックライスはまったく味がなくて、もっとびっくりします。見た目ピラフような感じなので味がついていると脳が錯覚してしまうのがいけないのだけど。しかたないので、ハッシュドポテトの下に隠れているスクランブルエッグを上にのせて、オムレツ爆発型のオムライスと思って食べました。

 なぜか人気のある船橋アンデルセン公園ですが、客層は99%が家族連れです。そして、多くが「にじの池」近くでテントを張っていました。なかなか他の公園では見かけない風景です。家族連れが多いので、カップルを見かけるのも珍しいくらいで、ましてやおひとりさまはいないようです。

 「にじの池」でたくさんの子供が水遊びをしている写真を撮ったら変態扱いされそうなので、無難に「アンコウクレーン」を撮影してみました。

船橋アンデルセン公園 - アンコウクレーン


 もうちょっと、右に寄ってアンコウが空の中を泳いでいるような構図にすればよかったと思います。iPhoneではないので、画角は3:2にしています。大きな写真でみたい人は、クリックしてください。


[ 2017/07/21 ] 千葉 | TB(0) | CM(0)

味はな 浜金谷 - ハイキング客のトラップ。

女子率:50% 
男子障壁度:なし

 この店はアップするほどのものではないけど、お店の情報がないと困る人がでてきそうなのでアップします。

 鋸山日本寺に行って(もちろん、ロープウェイですw)、浜金谷駅まで戻ってきたので、すこし遅いランチの場所を探します。近くにアジフライ定食が有名な「さすけ食堂」があったけど、すごい行列です。さらに、すでに本日のアジフライ定食は売り切れと書いてありました。もう本日分のアジフライは締め切られたようです。
 
 アジフライに並ぶ気もないので、ほかの店を探します。向かいの古民家風のカフェは、コーヒーとケーキしかないので、駅前の通りにある「味はな」に入ることにしました。

 入口に「さかなクン」の写真があったので、ちょっと怪しい感じです。こういう写真を飾っているところは、あまり信用できないというか、川越シェフの写真を思い出します。
 
 お店は、「かじめ」という海藻入りのラーメンが名物らしいですが、ラーメンは期待できそうにないので、本日のおすすめに煮魚定食(1,000円)があったので、そちらにします。せっかく海に近い店ならとお魚系ですね。それに、煮魚なんて家では食べることはないので。
 
 お店は、小さいので空いていた真ん中の席に座ります。店内撮影禁止という張り紙がありますが、この店内を撮影する人はいるのかと思うけど・・・。おしぼりはないので、トイレに行って手を洗いました。お客はほかに二組で、煮魚定食とラーメンと海鮮丼とそれぞれ別々でした。
 
味はな - 煮魚定食

 
 煮魚は鰤の煮つけでした。煮つけならもう少し深い皿がいいと思うけど、まあ小さなお店なので、そこまで期待してはいけません。煮魚定食にはお刺身がついているので、なにかなぁと思ったらアジの刺身でした。ここは、アジフライはメニューにあっても、アジフライ定食はないですね。
 
 アジは頭だけなぜあるのかと思ったら、尻尾が刺身の下に隠れていました。尻尾をださないと意味がないけど、まあ盛り付けにこだわるお店ではないです。とりあえず、一匹を使っていますというアピールでしょう。ただ、アジは、血合いの部分でわかりますが、脂はあまりのっていないものです。それから、マグロの赤身が二切れありますが、半解凍でシャリシャリのままでした。

 お米はおいしいものではありませんでした。正直、鋸山日本寺の階段を往復した後なら何でもおいしく食べられると思うけど、あまりおいしく感じなかったということは、そういうレベルの食事でした。

 さらに、本日のご飯がなくなったそうで、この後の客はラーメンだけになりました。それでも、この立地のおかげが鋸山のハイキングを終えた客が結構来ていました。でも、この程度のお店なら、もう少し歩いて金谷フェリー乗り場の近くにある「The Fish」にでも行った方がいいと思います。

 山から降りてきて、駅前すぐのお店ではないので、まるで食事トラップに落ちたかのようにハイキング客が吸い込まれている感じです。蛸飯やあじフライ定食がある駅前のもう一つのお店のほうがよかったと思います。
 
 さっさと食事を済ませて、歩いて「The Fish」まで行って、久しぶりにビワソフト(350円)を食べました。天気はよかったので、海風が気持ちいい日でした。
 
鋸山日本寺 - 百尺観音

 
 しかし、鋸山日本寺は疲れました。ロープウェイで行っても、境内のたくさんの階段を往復することになるので、日頃の運動不足を実感できます。岩を削って作った百尺観音ですが、立体感がないので、バーミヤンほどの迫力はないです。


[ 2017/05/08 ] 千葉 | TB(0) | CM(0)