2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

自家焙煎珈琲 山ゆり 下落合 - 山ゆりブレンドと下落合ブレンド

女子率:--% 
男子障壁度:なし

 自家焙煎をやっているお店で、珈琲豆を買って帰ろうと思って、下落合駅の近くにある自家焙煎珈琲 山ゆりに行きました。老舗の喫茶店で、入口の横に珈琲の焙煎機があります。

 お店に入ると、先客のおじさんが一人いました。テーブル席には団体用と書かれた札がたっていたので、札のない二人席のテーブルに座ります。先客のおじさんは、ひとりで4人掛けのテーブルに座っていたけど。

 座った後に気が付いたのは、この店は、入って右側が喫煙席で、左側が禁煙席でした。そして、エアコンが直撃します。お客さんはそんなにこないので大丈夫ですが、この分煙だと、やはり煙が気になりますね。

 店員さんがお水を持ってきてくれました。とても美人です。マスターのお孫さんかな。ランチではないので、「チョコレートケーキセット(720円)」にします。セットのコーヒーは「山ゆりブレンド」でした。

 それと、珈琲豆を買いたいと言ったら、メニューを持ってきてくれたので、そのなかから、下落合ブレンド200g(940円)を買いました。ストレート豆もあるけど、初めてなのでブレンドにします。袋には、コーヒーについての話がいっぱい書いた紙が入っていました。焙煎は200gから応じてくれますが、山ゆりブレンドと下落合ブレンドは、ある程度事前に焙煎しているようです。

珈琲山ゆり - 山ゆりブレンドとチョコレートケーキ


 チョコレートケーキは、ナイロンのラップがかかっていて、コンビニに卸しているようなチョコレートケーキですが、生クリームを添えているのが、昔ながらの喫茶店を演出しています。

 そして、山ゆりブレンドは、苦みを抑えた万人受けするタイプですね。下落合ブレンドのほうが、もう少しコクがあります。

 ランチを3時までやっているので、後から来たおじさんはランチを頼んでいました。メニューは、パスタ、カレー、ハンバーグと喫茶店の定番メニューでした。あとは、サンドイッチを頼んだお婆さん、余ったので持ち帰り用の袋にいれてもらっていました。とっても、街の喫茶店ですね。下落合辺りだと、チェーンのコーヒーショップもないので、貴重な喫茶店です。

 下落合ブレンドを、200gを買って帰ったので、8月の男子カフェの「おうちカフェ」は下落合ブレンドです。


スポンサーサイト

大地のうどん 高田馬場 - 稲庭風の博多のうどん

女子率:50% 
男子障壁度:なし

 ランチは違うお店で食べる予定だったのですが歩いていると、黒い外観に黄色の暖簾が目を引きます。壁に張っているメニューを見ると、博多のうどん屋さんでした。「博多から職人を呼んで、早く提供できるようにしています」と書いてあります。気になったので、急遽、ここでランチにします。

 お店に入ると、店員さんが先に食券を買ってくださいということで、リピート王と書かれていた「野菜天ぶっかけ(730円)」にします。ボタンを押したら、店員さん、もう注文をカウンター越しに厨房に伝えていました。

 カウンターでお願いしますと言われます。女子おひとりさまもカウンターに座っていました。お店は半分も埋まっていないのにと思ったら、この後どんどん客が入ってきて、すぐに満席になりました。12時半で満席です。

 カウンター席に座って、厨房を見ていると、うどんをひたすら打つ人、天ぷらを揚げる人が二人、盛り付けの人がフル回転しています。天ぷらも二度揚げするなど、野菜が中心だけど、パリパリ感を出す工夫をしているようです。

大地のうどん - 野菜天ぶっかけ


 野菜天ぶっかけ(冷)は、お盆の淵にお皿をかけて少し傾けて出てきます。うどんの水やぶっかけの汁で天ぷらがふやけてしまわないようにしているのかもしれません。見た目もよくなりますね。

 天ぷらは、ごぼう、人参、かぼちゃ、エリンギ、大葉、茄子、ピーマン、舞茸の天ぷらが上にドンと並べてあります。野菜は薄くカットしてあるので、サクッとあがっていました。

 鰹節、葱、海苔でうどんが見えません。箸でうどんを引き出すと、うどんは半透明で細目です。ぶっかけ用のつゆをかけて、混ぜて食べます。稲庭風の麺ですが、細いのにコシがとてもあって、韓国冷麺を食べている感じになります。コシのあるうどんにパリパリの天ぷらがとてもおいしいです。これにごぼう天をプラスしていたひともいたけど、男子カフェにはこの量で十分です。

 うどんは、ぶっかけが一番好きなので、今回は野菜天ぶっかけを選びましたが、ここは、大きな輪っかのようにあげたごぼうの天ぷらが器の上にのる「ごぼう天うどん」の温かいのが、一番人気のようです。もう少し涼しい季節になったら、また来てみたいと思います。

 知らずに入ったけど、いいお店だったと満足してお店を出ると、外は行列ができていました。うどん屋さんだから、そんなに待つことはないだろうけど、午後1時前には行列でした。


沖縄の森と海 ウマリジマ 目白 - 沖縄料理のカフェなのかなぁ。

女子率:50% 
男子障壁度:なし

 目白駅を降りたら、スクロップ コーヒーが閉店になって、沖縄料理の新しいカフェ「UMARI JIMA」になっていたので、ここでランチにしました。

 お店に入ると、一階はカウンター席とテーブル席で、二階にもテーブル席があるようです。おひとりさまはカウンターかなと思ったら、入口近くの二人用テーブルにどうぞと案内してもらいました。

 後から来たおひとりさま、二人はそれぞれカウンター席だったので、奥は埋まっていたのかもしれません。前のお店の居抜き物件なので、店内の座席配置は同じような作りだと思います。

 テーブルにあるメニューを見ると、定食メニューがあるので、その中からヘルシー御膳(980円)にしました。最近、食べ過ぎ傾向にあるので、ヘルシーという言葉に釣られます。

UMARI JIMA - ヘルシー御膳


 ゴーヤチャンプルがメインで、ジーマミー豆腐、もずく酢、ミミガー、海ぶどう、アーサー汁、じゅーしー(沖縄の炊き込みご飯)のセットでした。

 ゴーヤチャンプルはやはり苦いですね。ゴーヤは、今では埼玉の生産量が日本一だとか。シンプルに塩味で、ハムともやしと豆腐がはいっていて、沖縄というと定番のメニューだし、定番の味でした。

 アーサー汁は、あおさのりのみそ汁と同じで、じゅーしーは、ちくわや昆布が入った炊き込みご飯です。

 ジーマミー豆腐は、ねっとりした豆腐です。ねっとりなのは、ピーナッツが入っているからだと思います。タレと合わせてこの豆腐はおいしいです。

 ミミガーも歯ごたえよくて、ちょっと辛めの味付けなのでビールが欲しくなります。海ぶどうは、ちょっと茎の色が濃いはいつもの沖縄物産展とは違う感じだけど、プチプチ感は十分にあります。これは、食感で食べるものなので、これでいいのでしょう。

 ヘルシー御膳だけど、これに泡盛をつけて夕食にしたら、ヘルシーじゃなくなるかもしれないけど、組み合わせは一番いいと思います。カウンターには、-2.2℃と表示されたビールサーバーがあるので、ビールでもいいですね。

 お店では無料のWiFiが使えました。だから、DAZNでテネリフェの2ndLegのハイライトを見ながら食べました。おひとりさまじゃないと、WiFiで動画を見る人はいないと思うけど。(笑)

 それから、8時からモーニングをやっているそうです。メニューはサラダプレートやフレンチトーストで、ソーキそばはランチにならないと頼めないようです。朝からソーキそばは食べない?