2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

カフェ アリエ 新大久保 - 天井の高い落ち着いたカフェ

女子率:100% 
男子障壁度: ☆

 新大久保駅を降りて、雑多な駅裏の通りを歩きます。韓国街エリアは反対側で、西側の裏通りでは、タイ料理店がしのぎを削っていました。両側に同じようなお店が同じようなメニューと料金(どちらも安い)だから、どちらに入るのか迷いますね。そこを過ぎた後の韓国料理店のビビンバにもひかれそうになりました。でも、カフェ日記なので、今日は蔦に覆われた一軒家カフェのアリエです。

 蔦で覆われた一軒家は、オープンという看板がないとなかなか入りづらい感じですが、引き戸を開けて入ります。おひとりさまですが、テーブル席が女子3組でいっぱいだったので、真ん中の大きなテーブル席の端に、ポツリと座ります。まあ、後から来る客もいないので、気にはなりません。後ろの女子は、ノートを広げて、勉強をしていました。

 店内は、高い天井なので、扇風機をサーキュレーターがわりに使っていました。ちょうど心地よい風が回ってきます。

 本来は、デザート利用がいいのでしょうが、ランチの時間なので、ランチセットメニューから「チキンとイタリア野菜炒め バルサミコ酢風味」にしました。食後は、ホットコーヒーをつけて1000円です。ランチセットは、カレーと迷ったのですが、イタリア野菜炒めってどんなものか気になったので、こちらです。

カフェ アリエ - チキンとイタリア野菜炒め


 見た目はちょっと微妙です。チキンと野菜(ズッキーニとナスとパプリカ)をバルサミコ酢で炒めたものでした。たしかに、ズッキーニ、パプリカはイタリア野菜か。胡椒がきいていて、ちょっとぴり辛なので、ご飯と合います。

 夏野菜の炒めものって感じだけど、もうちょっとなにかあってもいいような。まあ、インスタ映えなんて狙う必要はないけど、地味なんです。目玉焼きを乗せるとコストアップでしょうか。

カフェ アリエ - ホットコーヒー


 食後のコーヒーは、ハンドドリップです。ローストピーナッツが付いていました。暑い日だったけど、エアコンが効いているので、ホットでコーヒーの香りを楽しめます。このコーヒーがあるから、いいカフェです。

 店内は、ゆるい時間が流れるお店でした。WiFiは飛んでいないけど、次の旅行の計画を考えながら、過ごしました。コーヒーを飲みながら、ゆっくりと時間が流れる感じがとてもいいと思います。

 帰りに韓国街エリアから新大久保駅に向かったら、すごい人混みでなかなか進まなくて、休日にここは歩くべきではないですね。来た道を引き返すか、そのまま新宿に歩いたほうが早いです。新大久保駅は初めて降りたけど、こんな街になっていたとは、知りませんでした。

スポンサーサイト
[ 2018/06/22 ] 東京 新宿 | TB(0) | CM(0)

Curry 草枕 新宿三丁目 - おひとりさまは少なめです。

女子率:50% 
男子障壁度:なし

 緑のコーヒー豆で、おうちカフェ用に「Cafe道・赤のブレンド」をシティーローストとフルシティローストの間で焙煎してもらいました。お店のおすすめはフルシティローストだったけど、ちょっと行き過ぎかもと思って少し手前にします。機械での焙煎なので、秒単位で調整できるそうです。

 そして、新宿三丁目の駅に向かって歩きながら、ランチのお店を探します。久しぶりに歩いた新宿御苑前の通りには、多くのカフェやレストランがありました。サンドイッチ屋さんとか、最近オープンしたみたいですね。ちょっと気になりますが、今日は、前からグーグルマップのリストにいれていた「Curry草枕」で食べることにします。

 ビルの2階なので階段を上がると、行列でした。ちょっと想定外。店員さんに聞いたら、回転は速いので長く待つことはないですよというので、並びました。確かに、しばらくするとおひとりさまの男子カフェは、一席空いたカウンター席に先に案内になりました。5席のカウンター席だから、二人組の間に一席が空きます。こんなときは、おひとりさまは便利です(笑)。

 座ってみると、テーブルの継ぎ目なので、もともと4席だったところ、5席に増やしたのかも。それでも、広めですね。ちなみに、帰り際に席を立った時に、店内を見るとおひとりさまの女子が一人いるだけで、おひとりさま率は非常に低いです(カレー屋さんなのに・・・)。

 頼んだのは、「なすチキン(880円)」で、ご飯大盛りです。無着色の福神漬けが席の前においてあるので、それをご飯の上に乗せます。辛さは、おすすめの3です。

Curry草枕 - なすチキン


 玉ねぎをまるごと一つ使ったと書いてあったので、もっと日本的なカレーかと思ったら、サラサラ系でした。じっくり煮込まれたキチンは、柔らかいので、スプーンでも崩せるぐらいです。

 辛さ3でも、結構な辛さがあります。でも単に辛いだけでなく、おいしさもあるので、カレーで中辛の人は、3がいいと思います。ご飯は大盛にしたけど、この辛さならちょうどいい量でした。

 隣の人は、チーズカレーを辛さ8で頼んでいました。それより、カレーはルーをご飯にかけるものと思っていたけど、ルーにご飯を入れていました。最後は同じ結果になるけど、あの食べ方は考えたことがなかったです。スープカレーだと思えば、いいのだろうけど・・・。まあ、食べ方は自由です。

 レジで支払いをして、パイン飴をもらって、舐めながら帰りました。パイン飴、とても懐かしい。


[ 2018/06/14 ] 東京 新宿 | TB(0) | CM(0)

サラダデリMARGO 西新宿 - たっぷりサラダ

女子率:70% 
男子障壁度:☆

 西新宿5丁目駅が最寄り駅だけど、中央公園にいたので、そのままてくてくと歩いて、マルゴに到着です。ガラス張りの店舗の前で、メニューを見ると2階でイートインできるので、入ってみます。

 お店に入って、まずサラダを注文します。サラダはアレンジできるようですが、初めてのお店なので、そのまま一番人気のローマにします。ドレッシングも、店員さんに聞いてお勧めのスイートバジルにします。なんだか話しながら、これにしようと雰囲気のお店じゃないというか、対応じゃないですね。その時の人によるのかもしれないけど。

 トッピングは、フライドオニオンと胡麻にします。ドリンクとスープを頼もうと思ったら、それは会計するところで頼むのだそうです。

 それで、レジまで移動して、スープとドリンクセットを追加です。合せて、1200円でした。サラダを受け取ったら、階段を上がって、2階席に。窓側におひとりさまの男子と女子がいました。空いている真中あたりの席に男子カフェは座ります。

マルゴ - 「ローマ」+スープ、ドリンクセット


 イートインは、プラスチックにはいった容器ではなく、きちんとガラスの大きめのお皿です。これに変わるだけで、全然印象が違います。

 サラダ専門店ということで、葉物のサラダを中心に野菜がたっぷり入っています。ローマなので、生ハム、フジッリ(ショートパスタ)、オリーブなどが入っています。チーズがハート型でした。

 ドレッシングは、スイートバジルにしたけど、あまりドレッシングの感じがしなくて、もう少し存在感のあるドレッシングでよかったかも。それでもたくさんのサラダを食べることができますね。

 スープは、パンプキンと豚肉のスープだったけど、薄いカレースープが一番近いです。

 途中で、ピタパンを、電子レンジで10秒チンします。もうちょっと、温めた方がいいかも。ピタパンの中に、サラダを入れて食べると、お腹もいっぱいになります。

 コーヒーは、まあ、+100円なので期待してはいけません。

 他のサラダ専門店よりコスパはいいと思うけど、1000円でコーヒーまで出している定食屋さんの方が頑張っている感じですね。

 店内は、おひとりさま女子が多いです。男子カフェは、窓に向かって座るのが好きだけど、窓を背にして座る人が多いです。外が見える場合、窓に向かった方がいいと思うけど、見ているのはスマホの中だから、変わらないか~?。そういえば、右側に見えるアパホテルが改装中でした(泊まったことないけど)。


[ 2018/02/07 ] 東京 新宿 | TB(0) | CM(0)