2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

大王わさび農場 レストラン 安曇野 - ワサビをすりおろしていただきます。

女子率:- - % 
男子障壁度:なし

 安曇野の一番大きなわさび農場に来たので、やっぱりここはわさび丼でしょうと、農場内のレストラン大王に入ります。入口の券売機で「わさび丼(720円)」を買います。そばと丼のセットもあるけど、ここはシンプルに丼だけにします。わさびカレーにも魅かれたけど、おひとりさまで二つは無理です。

 係の人に食券を渡すと番号札をくれます。番号を呼ばれたら取りに行くシステムなので、外が見える窓側のカウンターに座って待っていたら、お兄さんが運んできてくれました。客がまだすくなかったのと、おひとりさまなので呼び出すより運んだほうが早いと思ったのかも。運んでくれたお兄さん、ありがとう。

レストラン大王 - 本わさび丼


 シンプルに鰹節がのったご飯とみそ汁とわさび菜のセットです。まずは、わさびをすりおろします。このわさび、どこまですりおろしていくといいのでしょうか。貧乏性の男子カフェは、ぎりぎりまですりおろしてしまいました。(笑)

 まずは、わさびをちょっとつまんで食べると、つ~んとくるけど、ほどよい辛さといい香りです。

 それを丼にのせて、少し醤油をかけてご飯をいただきます。「Simple is best.」を言いたくなるくらい、おいしいご飯です。こんなに簡単なのにね、わさびの不思議さです。あと、鰹節も大健闘です。

 途中からきざみわさび菜を入れて、ちょっと混ぜご飯風にして食べてもおいしいです。わさびを自分ですりおろしたのは、昔、「そじ坊」でそばを食べたとき以来でした。

大王わさび農場 - わさびの像


 わさび田の写真がきれいだろうと思っていたら、夏は日除けのために黒いネットで覆われていました。わさびって、箱入り娘だったのですね。夏が観光シーズンの信州だけど、ここは、まだ山に雪が残るぐらいの季節がいいみたいです。


スポンサーサイト
[ 2017/08/21 ] 長野 | TB(0) | CM(0)